里山のパラグライダー

 

 

農園の奥で不思議な木の実を見つけました。その実のつき方が面白くて思わず写真に撮りました。普通の卵型の葉とは別に、長細い葉の中間から枝が出て何粒かの実がついています。ボダイジュやシナノキと同族の「ヘラノキ」だそうです。カエデの種と同様に遠くへ飛ばす工夫なのだとか。この葉っぱの形からだと、パラグライダーのように滑空するのか?と思い、実際に落としてみると、ものすごい勢いで回転しました。グライダーじゃなく、ヘリコプターなんです。(asa)