セイヨウニンジンボクの花

 

 

すみれ色の涼しい花を咲かせています。唇形の花の中に頭をつっこんでミツバチは蜜を吸っています。セイヨウニンジンボクは、古くから婦人病に効くハーブとして知られています。葉っぱのニオイをかぐと意外に強いにおいがします。まるで胡椒のようなインパクトです。ミツバチもそのスパイシーな味を楽しみにしているのかな。(asa)