イガグリの謎

 

 

 

クリの花の農園便りの時、もじゃもじゃの毛虫のような花の姿からどうしてもイガグリが連想できないと書きました。今更ですが、その謎が解けました。クリの花には、雄花と雌花があり、もじゃもじゃしているのは雄花でした。今、その雄花は下に落ち、雄花の奥に小さな雌花がついています。これからイガグリになるぞ~という雰囲気がつたわってくるその姿に、なんだかほっこりさせられました。(asa)