里山のプロペラ

 

 

 

 

 

 

クリの花を撮っている時に、ふと横を見るとプロペラが沢山連なって木にぶら下がっていました。だれがどのような考えでこの形状になったのか、とても不思議に思います。そう楓の種です。より遠くに種を運ぶために、まさにプロペラ、片翼の羽根、なのです。絶妙なバランスで種を支点として回転させながら揚力を得て風に乗って飛んで行き、生存の適地を探しています。自然の偉大さを感じずにはおれませんね。(asa)