2016年

10月

05日

ミゾソバの花

 

昔は、どこにでもあった雑草でしたが、護岸工事されたりして、最近は随分少なくなってきたように思います。ミゾソバの名前は、葉っぱの形がソバの葉に似ているところから付いたそうですが、その特徴ある葉形から「ウシノヒタイ」(牛の額)とも呼ばれているそうです。昔の人の観察眼はすばらしいですね。草を食む和牛が出て来そうです。その花も良く見ると白から紫へのグラディエーションが非常に美しく、レンゲに良く似た色合いがミツバチも好きではないかと想像します。(asa)

0 コメント

2016年

10月

07日

ホウジャク

 

 

ホウジャクとは変わった名前だなと思ったけど、漢字で書くと「蜂雀」ハチのようなスズメ。スズメガの仲間で、ホバリングしながら蜜を吸っています。ミゾソバにミツバチに混じって一生懸命蜜を吸っている様子は一瞬ハチかな?と思わせますが、ずんぐりと黒っぽい体になんじゃ~?とびっくりさせられます。体の大きさと翅の小ささから良く飛べるなとも思いますが、飛ぶ速さとホバリング能力はミツバチ以上かと思います。目で見て飛んでるだけではなさそうだけど、つぶらな瞳はかわいいな。(asa)

0 コメント

2016年

10月

15日

セイタカアワダチソウの花

 

朝晩がめっきり涼しくなり収穫の秋を迎えています。空き地を見ると黄色い花が多数咲いています。セイタカアワダチソウですね。どうも花粉症の原因では?と疑われてから、日本では嫌われ者のレッテルが張られてしまいました。また、ススキを駆逐する外来種としても悪者視されがちですが、最近は、ススキが盛り返してきているように思います。さて、その蜜は・・・日本では臭みがあり食用向きではありませんが、ミツバチの冬越し用の蜜として重宝しています。ミツバチは大好きみたいですよ。(asa)

0 コメント

2016年

10月

16日

秋のカマキリ

 

 

セイタカアワダチソウを写真に収めていると、枯れ草色に擬態した大きなカマキリが居ました。まさに、飛んでくる虫を捕まえるための巧妙な変身にびっくりです。でも、その色合いは、セイタカアワダチソウというよりも、ススキにいれば、ぴったりな装いです。外来種のセイタカアワダチソウには、いまだ、なりきれないとでもいうのでしょうか?(asa)

0 コメント

2016年

10月

19日

ヒメツルソバの花

 

 

朝から大挙してミツバチが訪花しています。まるで金平糖のような花です。名前は、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)、ポリゴナムとも呼ばれています。ヒマラヤ原産だそうですが、グランドカバープランツとしてよく販売されています。農園でも数株植えた物があっというまに広がりました。そして以外にもミツバチも良く行っています。花の感じは、ミゾソバにも似ています。やはり金平糖のように甘くて美味しいのかな?(asa)

0 コメント

2016年

10月

20日

ステビアの花

 

 

ステビアは、カロリーの少ない甘味料として有名になりました。農園でも乾燥した葉をハーブティーにブレンドして甘みをだしたりしています。南米パラグアイ原産だそうで、現地でもマテ茶に利用されているそうです。葉っぱを千切って口に入れて噛みしめると、ものすごい甘みが広がります。甘みは砂糖の300倍あるとか。ただ、その甘みは砂糖や蜂蜜とは違う感覚があるので好みが分かれるかなと思います。もしステビア蜂蜜が採れるなら是非なめてみたいなと思います。(asa)

0 コメント

2016年

10月

22日

ホトトギスの花

 

 

ホトトギスといえば野鳥の名前と思いがちですが、野草にもホトトギスがあるんですね。名前の由来は、花びらの斑点模様が、ホトトギスの胸毛の模様に似ているところからきているそうです。その花の形がとてもユニークです。花びらの真ん中に塔が立っていてその先にオシベ、メシベがあります。今日は、なぜかマルハナバチだけが大挙して訪花しています。ミツバチは一匹も来ていません。味の好みの違いかな?ミツバチに聞いてみたいです。(asa)

0 コメント

2016年

10月

23日

ファンランド鏡野

 

 

 

今年初めて開催された「ファンランド鏡野」。全国からサイクリングファンが沢山、鏡野町に集結いたしました。ロングコース、ショートコース合わせて551名の参加があり、みつばち農園もチェックポイントになっていたので、たくさんのライダーにお立寄りいただきました。農園からは、はちみつどら焼きを提供してエネルギーチャージしていただきました。とっても好評でした。(asa)

0 コメント

2016年

10月

30日

姫蔓蕎麦の花

 

 

お昼休みに園内をぐるっと一回り散歩しました。今日は、とってもぽかぽか陽気で、ミツバチ巣箱周辺は、そばに寄れないくらいブンブン飛びまくっています。とっても嬉しそうです。でも、飛んで行く花が見当たらない・・・という感じでした。その中で、唯一、訪花していたのがヒメツルソバ。蔓を伸ばしてアスファルトの上もお構いなしに広がっています。生命力抜群ですね。(asa)

0 コメント