2016年

6月

01日

くろがねもちの花

 

 

 

園内に植樹した「くろがねもち」が開花しました。朝早くから、どの花よりも好んでミツバチが訪花しています。近寄ると豊かな香りがただよってきました。さぞや美味しい蜜なんでしょうね。ミツバチがうらやましくなりました。

名前から「お金持ち」につながり、縁起の良い木として庭木にもよく利用されています。(asa)

2016年

6月

03日

レモンタイムの花

 

 

 

肉料理や魚料理にも良く使われるタイムが

小さくかわいい花をたくさんつけました。

見てもかわいいですが、ちょっとつまんで

指でこすって鼻にもってくるとシャープで

すっきりとしたにおいが強く香ります。

花は小さいですが、ミツバチが一日中飛び交って

いるのが見学できます。ミツバチもこの香りに

夢中なんでしょうね。(asa)

2016年

6月

04日

ラムズイヤーの花

 

 

 

いつ見てもミツバチが訪花しているラムズイヤー。

もふもふの葉や茎はさわるだけで癒される独特の

感触です。まるでビロードのよう。

ムラサキの小さな花ですが、ミツバチは大好きです。シソ科だからかな、おいしい蜜が多いようですよ。(asa)

0 コメント

2016年

6月

05日

アカバナユウゲショウの花

 

 

 

夕化粧(ゆうげしょう)という名前の由来は、夕方から花を咲かすかららしいですが・・・昼間もしっかり咲いていて、夕方見ると閉じていました。4枚の丸い花弁がとても印象的で、たくさんの蜜があるようには見えないですが、ミツバチもしっかり訪花しています。雑草として抜きそびれて花壇で繁茂してしまいました。(asa)

0 コメント

2016年

6月

06日

クリの花

 

 

クリの花がいっせいに咲きました。通勤途中のどこでも咲いています。まるで示し合わせたように。

どうやって連絡し合っているんでしょうね。メールもないのにとても不思議です。

クリの花の匂いは・・・とても良いとはいえません。生臭いのです。蜜もえぐみがあり、あまりおいしくありません。でもミツバチにとっては貴重な蜜源・花粉源となっています。この毛虫のような花からイガグリがどうしても結びつかないと私は、毎年疑問に思っています。(asa)

0 コメント