昨日の停電の顛末

続きを読む

みつばち農園の白猫「マロ」

続きを読む

サルビア満開

続きを読む

ブラックベリーの花

 

 

ブラックベリーの花にミツバチが訪花しています。

ほのかにピンクがかった花びらに、多数のオシベと中央に多数のメシベがあります。ミツバチは、そのメシベを1本1本なぞるように時間をかけて蜜を吸っています。バラ科というだけあって、太い蔓になって伸びています。トゲもあるので近づく時は、注意が必要ですよ。(asa)

コリアンダーの花

 

コリアンダーの花が咲きました。白く可憐な花です。ミツバチは、その花の上を走るように歩きます。サササーと通り過ぎて次の花に移っていきます。蜜を吸う間は無いように見えます。花粉を集めているのか?少し不思議な行動です。

コリアンダー、パクチー、香菜といろいろ呼ばれていますが、その葉っぱの臭みは独特です。好きな人にはたまらないのでしょうが、私は、中国出張で、どの料理にも入っていて辟易した思い出があります。つまり、苦手ですが・・・ミツバチは、そうでもなさそうですね。(asa)

柿の花

 

柿の花が咲いています。でも、私たちのイメージする柿の花とは、違った形をしています。スズランのように下向きに閉じた形をしています。調べてみると、これは雄花でした。木全体に何百何千と雄花がついています。良く探すとその中に雌花が少しついていました。受粉が終わり花びらを落とし、実が膨らみ始めたものまでありますが、雄花は、まだまだたくさん咲いています。マルハナバチなど他のハナバチもアリもたくさん来ています。すべての者にどうぞご利用くださいませ、とでも言っているようで嬉しくなりました。(asa)

ヘアリーベッチ

 

 

今の季節に一番の蜜源は、やはり、このヘアリーベッチでしょう。日本では「草藤」とも呼ばれます。遊休地の草押さえ、田圃の緑肥としても良く植えられていますが、農園でも種を蒔いたものからの「こぼれ種」で、あちこちに繁茂しています。

見た目は、ゴージャスな「からすのえんどう」という感じです。花の奥が深いので、ミツバチは、中までもぐりこんで蜜を吸っています。蜜源として優秀ですね。(asa)

0 コメント

皇帝ダリアの花

 

 

皇帝ダリアとは、なんと立派な名前がつけられたものでしょうか。でも、その名前に負けないくらいに背も高く、優雅さもあります。中南米原産で時には6mくらいにもなることがあるそうです。農園では2mくらいに育ちました。8枚の花弁の中心はヒマワリのような集合花に見えます。寒い中ですが、朝早くからミツバチが訪花しています。12月にこんなに立派な花のプレゼントにミツバチもビックリしていることでしょう。(asa)

0 コメント

山田自然塾開講

 

 

 

 

 

11月26日(土)に、みつばち農園にて「山田自然塾」が産声をあげました。地球環境を学ぶための新しい山田養蜂場のプログラムです。本日は、インストラクターHさんの名調子につられて、私も90分の野外劇場に同行いたしました。ひろ~~い宇宙の中で、私たちの住んでる地球が、いかにキセキ的成り立ちで出来上がり、まさに天文学的確率で存在しているか!また、46億歳の地球がどのような荒波を乗り越えて、人類誕生を迎えたか! 

で・・・、今の現状は?これからの発展は?

私たちは、これからどのように生きるべきか?

日頃考えないことが、脳裏に渦巻きました。私自身も何か発信しないと・・・と考えさせられる一日となりましたよ。どうぞ次回をお楽しみに。(asa)

0 コメント

ローズマリーの花

 

 

 

随分と寒くなってきましたが、ローズマリーの花は、未だにチラホラと咲いています。忘れたころに、ミツバチも立寄っている感じです。他の花が咲かない時期まで咲く花期が長い花なんですね。古くから香辛料、ハーブとして利用されていますが、主成分のカルノシン酸は、記憶力を改善する作用があるとも言われています。痴呆予防に毎日利用してみようかな。(asa)

0 コメント
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)